The International Musik House

私たちは各々様々な理由により備わった国際的な感覚と、ユニークな発想や考え方を持ち、演奏とともに教えることへのこだわりと情熱を持ち続ける音楽家の集団です

Staff スタッフ紹介

Tomoko Kodama / Music Manager
Pianist

プログラムの立ち上げ主要メンバーです。現在諸事情によりレッスンは外の生徒さんのみ受けていますが、影から支えてくれている心強い同志です。イベント時などにお会いすると思います。声をかけてくださいね。


Graduated fron Kunitachi Music Conservatory and went on to study in Austria. Had Fumiko Yoshida and Ms. Grate Dihiler as instructors.

Profile

彼女のレッスンは、ピアノの演奏だけにとどまらず、聴音、リズム練習、音楽理論、読譜など全ての分野を網羅してプログラムが組まれています。ひとつのメソッドにこだわらず、個々のニーズによりいくつかのメソッドを合わせて使用し、バランスのとれた指導を心がけています。もし途中でピアノを習うことをやめてしまっても、またいつか始めたくなったときに弾くことができるようにと、自分の力で楽譜を読めるようになることを大事にしています。生徒さんが一生音楽を楽しむことができるようにとの願いをこめて、確実に基礎知識/技術を構築しつつ、聞いてくれる人を念頭に置いた演奏ができるように耳を鍛え、さまざまな角度から音楽を愛する心を育みます。

She has a full-set study program for her students focusing not only on piano playing, but also theory, ear-training, rhythm exercises and sight-reading. She emphasizes on reading skills so that "my students will continue to play throughout their lives" she says. Providing them the abilities of playing music with a solid musical and technical foundation, she believes her goal is to create a life-long love and understanding of music. She tries to build lessons so that her students will be able to have the ears that will always have his/her audience in their mind when they play.
--We combine different methods for our piano lessons, taking out parts that fit each student's needs which also makes learning the piano more fun.-



Noriko Mirei Akiyama
Pianist

Monday/Thursday/Saturday(3pm~)

木曜日/土曜日

日本語英語どちらでも指導できます。お子さんから大人の方、プロの方まで指導経験があり、コミュニケーション能力に非常に長けた先生です。

Profile 

作曲をオーストラリア国立シドニー大学、シドニー音楽院で学び、ピアノ演奏科で修士号を所得.
同大学、同音楽院、オーストラリア ニューサウスウエールズ州より奨学金を授与.

数々のテレビコマーシャル、国立博物館、教育教材、機関に録音を提供.
主にオーストラリア、日本、スペインにて演奏活動をする.

教師としても 幅広い年齢、レベルの方々を指導.
個性を伸ばし応援するレッスンスタイルは、ビギナーからプロの音楽家まで厚い支持を受ける.

Noriko is an pianist and a composer from Tokyo, Japan.

She studied composition at The University of Sydney's Sydney Conservatorium of Music as a scholarship student and holds a Master In Piano Performance.

Noriko’s composition pieces and piano arrangements have been recorded for various TV commercials, the New South Wales Historical museum, the Australian educational materials and several other organizations. 

She has mainly performed in Australia, Japan and Spain. 

Noriko is also gifted as an educator and experienced teaching all age groups and any musical skill level. 
She loves encouraging her students to excel and is popular with both beginners and experienced professionals.



Masahiro Oishi
Pianist

Tuesday/Thursday

 

火曜日/木曜日

とても熱心に明るくエネルギッシュに指導にあたっています。お教室で男の先生に習える機会はなかなかないので、きっといろいろな可能性を見せてもらえると思います。人当たりが自然でとても良い距離感でレッスンされますので、男女どちらの生徒さんにも保護者の方にも評判◎です。

Profile

大石 真裕プロフィール

おおいし まさひろ/Mashairo OISHI

大石 真裕 Masahiro OISHI
桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部を経て、プラハ音楽院を修了。
在学中よりピアノ・デュオの研究に力を入れ、横浜国際音楽コンクール、岐阜国際音楽祭コンクール、大阪国際音楽コンクール、国際ピアノデュオコンクール(東京)などで優秀な成績を収める。サントリーホール主催「レインボウ21 デビューコンサート」、愛知県文化振興事業団主催「若き音楽家による企画コンサート」、など、各地の企画公募で多数の選定経験を持ち、企画と演奏の双方で実績を重ねている。
その他、現在では絶版となったアンサンブル作品の譜面から希少な作品を積極的に演奏する活動を行っており、スメタナ博物館、チェコ共和国大使館、公立ホールや美術館などで、様々な企画公演を開催している。
これまでに、糸川玲子、秦はるひ、川島伸達、斉木隆、田中麗子、村上弦一郎、M.ランゲルの各氏に師事。
2016年にデビューCD【スメタナ:連作交響詩「わが祖国」ピアノ連弾版】を全国発売(ALCD-7196)。レコード芸術誌にて準特選盤、日経新聞電子版にインタビューの記事と動画が掲載されるなど、各紙から高い評価を得る。
続いて2019年に2作目のCD【ドヴォルザーク:後期三大交響曲ほか】を全国発売。こちらもレコード芸術誌にて準特選盤など、各誌で高い評価を受けている。



Rey Kabata
Pianist

Monday・Saturday

 

月曜日・土曜日(ランダムな日程も相談可)

 

クラッシックはもちろんジャズやポップスなどどんなジャンルのレッスンもお受けいたします。久しぶりに弾いてみようかな?初めてだけど弾いてみたい曲が出来たんだけど〜というような大人の方どうぞご連絡ください。

 

Profile

ピアノ— 大人向けのレッスンをお受けします。クラッシックはもとよりジャズやポップなどにも対応いたします。昔習っていたのだけれどもう一度…、こんな曲だけ弾いてみたいのだけれど…など大人の方ならではのご要望にお答えしてオーダーメイドのレッスンを。

加畑嶺 Rey Kabata
巨匠、ラザール・ベルマン氏に認められ、イタリアとリトアニアで行われた氏のマスタークラスに招聘される。ファイナルコンサート出演。オランダツアー中、アムステルダム、コンセルトへボウ小ホールデビュー。デン・ハーグ春の音楽祭にてジャン・イヴ・ティボーデ氏の公開マスタークラスに出演。ザルツブルク、モーツァルテウム音楽大学夏期音楽講習会にてドミトリー・バシキーロフ氏のクラスを修了。1年半のモスクワ留学を経てオランダ、デン・ハーグ王立音楽院ピアノ科にて研鑚を積む。これまでにピアノを村手静子、ラザール・ベルマン、ナウム・シュタルクマン、ナウム・グルーベルトの各氏に師事。2013年に自身のタンゴ・ジャズ・ユニット「ジャクロタングス」において歌
手、庄野真代とのコラボレーション・アルバム“CINEMATIQUE〜シネマティーク〜”(OMCA-5035)を日本コロムビア系レーベル、オーマガトキよりリリース。2014年4月 STB139にて公演7月 客船「ぱしふぃっくびいなす」カムチャッカ・ツアーにてソロ・リサイタル開催。2015年8月モーションブルー・ヨコハマ公演。同年11月には岡幸二郎×日本フィルハーモニー交響楽団との共演など、その精緻かつ大胆な表現、核心を衝く解釈により、クラシックのみならず幅広いジャンルでも活動の場を広げている。
加畑嶺オフィシャル・サイト http://www.reykabata.com



Satoru Takeuchi
Composer / Pianist

Tuesday / Friday

 

火曜日/金曜日

作曲家・指揮者として活動しています。ピアノ、作曲、ソルフェージュのレッスンをお受けできます。アンサンブルの指導にも関わります。男の子の生徒さん、男性の大人の生徒さん、とても楽しいと思います。ぜひお試しください。

Profile

竹内聡(たけうち さとる) 東京音楽大学作曲科卒業、同大学大学院修士課程作曲研究領域修了。武生国際音楽祭に招待作曲家として参加し、第5回武生国際作曲賞を受賞する。 指揮者としても活動の場を広げており『天国と地獄』『こうもり』『仮面舞踏会』『ヘンゼルとグレーテル』『コジ・ファン・トゥッテ』『魔笛』『フィガロの結婚』など主にオペラやオペレッタ、またモーツァルトの『レクイエム』、プッチーニの『グローリア・ミサ』などの合唱作品を多数指揮している。 また『スコット&ゼルダ』、『ブラック・メリー・ポピンズ』等ミュージカルの音楽監督、および編曲を担当する他、宝塚歌劇団においては作曲・編曲も手がけている。 近年ではミュージカル『シスター・アクト』や、コンサート『ハイキュー』等の指揮も務め好評を博す。また、サンクトペテルブルク国際指揮マスータークラスの受講生に選ばれファイナルコンサートにおいて『ラ・ボエーム』と『カルメン』を指揮した。 作曲を野田暉行、糀場富美子、西村朗、細川俊夫の各氏に、指揮を汐澤安彦、アレキサンダー・ポリャニチコの各氏に、ピアノを串戸悦子の各氏にそれぞれ師事する。洗足学園音楽大学非常勤講師。



Yuko Ohara
Composer / Pianist

(Wednesday)/ Saturday / Sunday

(水曜日)/土曜日/日曜日

ロンドンに留学・研究で長期滞在、現代音楽の作曲家として活動しています。日本語/英語でピアノ・作曲・音楽理論・ソルフェージュのレッスンが可能です。初心者からのクリエイティヴなピアノ・レッスン、受験生のソルフェージュ、留学のための音楽理論のレッスンにご興味のある方は是非ご相談ください。
I have studied and researched in London for ages. I have been working as a composer for classical contemporary music. I will teach piano, composition, music theory and solfege. If you are interested in creative piano lessons for a beginner, solfege for any university examinees, and music theory for studying abroad, please ask me,

Profile

英国ブルネル大学大学院舞台芸術研究科博士課程修了。英国王立音楽大学大学院ディプロマ・上級作曲コース修了。同大学より「United Music Publishers Prize 2006」を受賞。フェリス女学院大学及び同大学院修了。 クリスト ファー・フォックス、リチャード・バレット、三宅榛名の各氏に師事。BBC交響楽団エンベデッド・プロジェクトでレジデント・コンポーザーを務めた他、ロンドン大学先端音楽研究所に特別研究員として招聘される。作品は、武生国際音楽祭、ハダースフィールド現代音楽祭など音楽祭や演奏会に選出され、アルデッティ弦楽四重奏団、ELISIONアンサンブル、EXAUDIヴォーカル・アンサンブルどの著名なアンサンブルに演奏される。 現在、洗足学園音楽大学作曲コース講師。
Yuko Ohara completed her PhD in Performing Arts Research at Brunel University under the supervision of Christopher Fox and Richard Barrett, and graduated with the PGDip in Advanced Composition at the Royal College of Music, where she was honored with the United Music Publishers Prize 2006. She previously graduated from Ferris University. Ohara was awarded a Composer in Residence at the BBC Symphony Orchestra Embedded Project and an Early Career Research Associateship at the Institute of Musical Research, University of London. Her pieces have been performed by the Arditti String Quartet, ELISION Ensemble, EXAUDI Vocal Ensemble and selected for festivals, including the Huddersfield Contemporary Music Festival and Takefu International Music Festival. At present, she is Lecturer of Music at Senzoku Gakuen College of Music.



Naomi Murayama
Pianist /Eurythmics Specialist

Wednesday/Friday

水曜日/金曜日

彼女の底抜けな明るさと子供好きでアイディア満載のレッスンは小さなお子さんそしてお母さんに絶大な人気を誇ります。ビギナーピアノクラスも絶妙な教授法で好評です。


Studied Dalcroze Eurhythmics at Kunitachi College of Music (Japan )
Obtained Dalcroze-Certificate (Australia)
Member of Japan Jack-Dalcroze Association

Profile

彼女は、器楽演奏の初期の導入プログラムとして、ピアノのレッスンにEurhythmicsを合わせたクラスも紹介してくれています。リズム、ビート等 を学ぶグループ(
お友達やご兄弟と始める場合)または個人のリトミックのレッスンに短いピアノのレッスン/ワークブックの時間を加えたもので、ピアノだけのレッスンに入る前のお子様に総合的な音楽の楽しさを伝えてくれます。リトミックだけのクラスも、グループでも個人でも受け付けます。音楽には興味があるけれど、まだピアノの前にずっとは座って居られない、一人では難しいけれどお友達となら頑張れる・・・そんなお子様たちの微妙な心境にもお答えしつつ、将来器楽演奏を本格的に始める時の為の確かな礎作りを行います。もちろん、1人で座れるようになった生徒さん達には彼女自身、 個人レッスンもお引き受けします。中国、タイでも教えた経験を持ち、日本語、英語、中国語に対応できます。ピアノレッスンの第一歩を一緒に楽しく始めましょう。

~She introduces a program that she combines a lesson to learn rhythms and beats through Eurhythmics activities and short individual piano lessons / theory book time. We can take group lessons if you come in with friends or siblings or otherwise we take individual lesson for the introduction clap or Eurhythmics class as well. This gives young children a chance to experience the music learning from different angles and how to enjoy it. Filling the needs of those who are interested in playing instruments but not quite ready to stay still for an individual lesson, it can prepare them well with fundamental skills to start instrument study.She can of course take individual piano students herself when they are ready as well. Having experiences teaching in China and Thai, she can teach in English, Japanese and Chinese.



Emy Todoroki Schwartz
Pianist

Special Class Only

特別レッスンのみ

英語/日本語でレッスンを行えます。演奏活動は基より講師としてもアメリカで200人以上を教えた実力者です。ソルフェージュを得意とし受験やコンクールの対策なども◎

Profile

3歳よりピアノを始める。東京音楽大学付属高校を経て、2001年に渡米。University of Texas at Austin にて奨学生としてピアノ演奏科学士課程修了、New York University にて奨学生としてピアノ演奏科修士課程修了、在学中にNY大学のピアノ非常勤講師として教鞭をとる。2009年にはArtists International Auditions よりSpecial Presentation Awardを受賞、カーネギーホールにてソロデビューリサイタルを行い喝采を浴びる。 数々のコンクールやオーディションに合格し、指揮者のBrett Mitchell 、Michael Lankester の各氏のもと、ピアノコンチェルトを協演。アスペン音楽祭、ブルゴス音楽祭やアメリカにて多数のコンサートシリーズに出演する他、ヴァイオリニストの田中直子、Anonymous 4 のJaquenine Horner-Kwiatek, Ann Crumb ら著名な音楽家達と共演。これまでにピアノを中谷三代子、アントン・ネル、ホセ・ラモン・メンデス、故ダニエル・マーティン、南院紀子、山岸麗子の各氏に、室内楽をミロカルテットに学ぶ。またドイツ・ライプツイヒ国立音楽大学音楽祭にてカール=ハインツ ケマーリングのマスターコースを修了。日本、スペイン、アメリカ各地にてソリスト、室内楽奏者として精力的に演奏活動を行う。

A Native of Tokyo, Japan, Emy Todoroki-Schwartz has performed in numerous concerts as a soloist and as a chamber musician in Japan, Spain, and throughout America. After graduating from Tokyo College of Music High School, she moved to the United States to continue her piano studies at University of Texas at Austin(B.M.) and New York University(M.A.), where she was a scholarship student and have served as an adjunct faculty member for two years.

In March 2009 she gave her New York solo recital debut at Weill Recital Hall at Carnegie Hall as a winner of Artists International Auditions. She has performed with world-renowned musicians such as Naoko Tanaka, Susanne Crumb, Hajime Mizoguchi, and have performed piano concertos with esteemed conductors Brett Mitchel, and Michael Lankester. In 2015, she made her solo album debut in Japan, which ranked among the top 10 for several months in e-onkyo’s classical music chart.

Her teachers include Miyoko Lotto, Noriko Nanin, Reiko Yamagishi, late Danielle Martin, Dariuzs Pawlas, Jose Ramon Mendez, Anton Nel (Aspen), Karl-Heinz Kammerling (Leipzig), and studied chamber music with members of Miro Quartet.



Haruko Uehara
Pianist

長年一緒にスクールを作って来てくださった先生です。イベント時に演奏者としてこれからも時々お会いできると思います。皆さん声をかけてくださいね。

Profile

植原晴子 プロフィール Profile
国立音楽大学器楽科ピアノ専攻卒業。在学中の82年より遠藤郁子、83年より稲川佳奈子の両氏に師事。87年故ピエールバルビゼ氏より“グランピアニスト”と絶賛される。90年より室井摩耶子氏に師事。91年奨学金を得てドイツへ留学。L.マクスザイン氏に師事。93年ドイツ国立フォルクヴァング芸術大学大学院卒業。以降ソリスト・室内楽奏者として活動。シュターミッツ弦楽四重奏団、チェコ弦楽三重奏団、ノスティッツ弦楽四重奏団、マティアス・ヨハンセン等と共演。YouTube等で画像を配信中。日本では数少ない本物の響きを持つピアニストとして、世界中の演奏家、作曲家とコラボレーションしている。

その方の年令やレベルに合わせて丁寧にゆっくり指導いたします。海外でも通用するテクニックを日本にいながら学ぶことができます。さあ一緒にたのしく学びましょう!

ピアニスト植原晴子の公式サイト:http://www.kijiko-kikaku.com/
植原晴子のYouTubeチャンネル:http://www.youtube.com/user/MrMkijik

Haruko graduated Kunitachi Music College piano department through the Kunitachi Music College - Junior High School and High School. She studied under Ikuko Endo and Kanako Inagawa. She participated in the Japan-France Music Society sponsoring Poitier Summer in 1987, and studied under Mr. Vlado Perlemuter and Mr Pierre Barbizet. She was praised by Pierre Barbizet , saying "Great pianist". She studied under Mayako Muroi in 1990, also studied under Professor Ludger Maxseinthe at German National Folkwang University Graduate School.
She has been actively performing as a soloist as well as a chamber musician. Performed with Stamitz、Czechoslovakia String Trio, M. Nostitz Quartet、Mr. Hiroshi Ikematsu, Mr. Mathias Johansen.
While she is performing actively she has been teaching younger generations for decades. She can provide tailor made lessons for each student and for student's level. Small children and beginners are welcome as well as adults.
She can teach you the western music techniques that you need for pursuing music carrier while you are in Japan for those who want to study music very seriously.

She enjoys having students and creating close relationships and sharing wonderful time together.



Akimi Fukuhara
Pianist

Leave of Absence

 

休職中

 

アメリカ育ちのすばらしい若手演奏家です。英語と日本語でレッスンをお受けいたします。

 

Profile

福原彰美(ふくはらあきみ)
12歳で世界的ピアニスト、シプリアン・カツァリス氏のプレコンサート(於サントリーホール)に出演。翌年に浜離宮朝日ホールにてソロリサイタルデビューを行い、そのライブ録音が学研プラッツよりCD発売される。1994年PTNA・C級金賞、1995年全日本学生音楽コンクール小学生の部西日本大会2位、他。15歳で単身渡米、サンフランシスコ音楽大学及びジュリアード音楽院で学ぶ。10代の頃よりアメリカ国内外の数々のオーケストラと共演する。近年はサンフランシスコ交響楽団の室内楽シリーズに出演、ニューヨークでのメトロポリスアンサンブル主催のコンサートでの演奏が『ニューヨーク・タイムズ』にて好評を得るなど幅広く活動する。

学研プラッツよりソロアルバム『l’enfant de la musique』(2000)、『Akimi plays Chopin and Liszt』(2002)を発売し、それらのアルバムは2014年にナクソス・ミュージック・ライブラリーより配信が開始される。
室内楽では、クリスティーヌ・ワレフスカ氏、ナサニエル・ローゼン氏、アレクサンダー・バランチック氏、フレッド・シェリー氏など高名なアーティストと多く共演する。2010年よりクリスティーヌ・ワレフスカ氏のアメリカ、日本、台湾、エクアドル等のツアーに同行。ピアニストを務めたアルバムは日本ウエストミンスター及び日本タワーレコードより発売中。また、世界有数の楽器コレクションを誇る奇美美術館(台湾)とのプロジェクトでCDを制作、高雄で開催されたオーディオ・ショーで発表されたLPレコードを制作する。

これまでに多胡まき枝氏、故松岡三恵氏、マック・マックレイ氏、シャロン・マン氏、ヨヘイヴェド・カプリンスキー氏、ルース・スレンチェンスカ氏に師事。
2011年シャネル・ピグマリオンデイズ参加アーティスト。2009年より毎年すみだトリフォニーホール(小ホール)で自主リサイタルを開催する。 ホームページ:www.akimifukuhara.com
Akimi Fukuhara, piano
Pianist Akimi Fukuhara has performed in prestigious venues such as the Carnegie Hall, the Lincoln Center in New York, and the Kennedy Center in Washington D.C. She was named "2011 CHANEL Pygmalion Days Artist" in Japan. She has concertized in Italy, France, Czech-Republic, Ecuador, Taiwan, Korea, and throughout Japan. As an avid chamber music player, Akimi has appeared in the Chamber Music Series of the San Francisco Symphony, and collaborated with renowned cellists Christine Walevska, Nathaniel Rosen and Fred Sherry. Akimi has also
appeared with the Metropolis Ensemble at the MATA festival in New York City.
Akimi was born in Osaka, Japan, and started playing the piano under the tutelage of Makie Tago and Mie Matsuoka Ishii. She made her recital debut at the age of 12 in Tokyo’s Suntory Hall, and her solo
debut with the World Youth Symphony Orchestra at the Interlochen Summer Arts Academy in Michigan the following year. She studied at the San Francisco Conservatory of Music with Mack McCray and Sharon Mann, and attained a Bachelor of Music degree. Subsequently, she was awarded the Susan W. Rose Scholarship at the Juilliard School, where she studied with Yoheved Kaplinsky.
Akimi has two solo albums on the NAXOS Music Library, and several recordings with cellist Christine Walevska, released from the Japan Westminster and Japan Tower Record.
www.akimifukuhara.com



Mari Terada
Pianist

Leave of Absence

 

休職中

 

幼少期からアメリカ/ヨーロッパに順に暮らし、英語、日本語、ドイツ語、フランス語でのレッスンが可能です。優しさも厳しさも持ち合わせたすばらしい先生です。個々のニーズに合わせ最大限音楽を楽しめるようレッスンをいたします。

 

Profile

5歳よりピアノの手ほどきを受け、7歳より家族と共に渡米。アメリカ滞在中にSYMF,南カリフォルニア・バッハコンクール共に3位入賞。レコーディング・コンペティション銀賞受賞する。16歳で家族と共に渡独し、現地のインターナショナル・スクールを経て、エッセン国立音楽大学演奏家コースに入学する。1988年ケルン、ショパンコンクールファイナリスト。1991年エッセン国立音楽大学を"優秀“で卒業後、同大学院進学。1992年から95年までパリ、エコールノルマル音楽院(パリ)研究科においてジェルメーヌ・ムニエ教授に師事する。94年、ルーセル国際コンクール(ブルガリア)においてディプロマと最優秀ドビュッシー賞受賞。ローマ国際コンクール(イタリア)においてディプロマ、メダルとフランク賞受賞。96年イタリアのキジアーナ音楽院にて室内楽をR.ブレンゴラー、岩崎淑両教授に師事し、名誉ディプロマ受賞する。

日本では97年に東京カザルスホールにて日本デビューリサイタルを開催、この演奏会に対して98年「音楽の友」2月号"日本人演奏家ジャンル別話題のコンサート‘97“に選出される。以来、定期的にリサイタルやサロンコンサートを行う。海外でも近年は06年にベトナム国立交響楽団とモーツアルトのピアノ協奏曲で共演、07年は5カ国(ドイツ、フランス、ベルギー、オーストリア、スコットランド)での同時衛星中継;マルチ・メディア総合舞台"St. Kilda: an European Opera”のピアノソロ担当をドイツ公演で5回出演し、成功を収める。08年、外務省認定事業「日本ブラジル移民100周年記念コンサート」及び「ブラジル報道協会200周年記念コンサート」のため、ブラジルで2公演を行う。09年、中国公演、10年韓国公演、13年在ホーチミン市ドイツ総領事館主催でベトナム公演, 14年タイ公演、及びマスタークラスを行う。

ソロリサイタルのみならず、他分野とのコラボレーション企画にも意欲的で、今までに「音楽と朗読」、「スイーツと音楽」、2011~2012年にかけてシューマンをテーマに“Playing with Schumann”という「音楽と絵」との3回シリーズを行った。

CDはアウローラクラシカルより04年に「シューマン」、06年に「ドビュッシーピアノ作品集」をリリース。「ドビュッシーピアノ作品集」は「レコード芸術」・「ショパン」誌で特選盤に選出された。

現在はソロ活動のほか、伴奏や室内楽でも活躍している。また、アウトリーチ活動、レクチャーコンサートやチャリティー演奏活動なども積極的に行っている。
また、2012年よりP.I. A Japanピアノコンクール、及びP.I.A. Japan検定試験の審査員。
これまでに中村裕子、クラウス・シルデ、ジェルメーヌ・ムニエ各氏に師事。
(公)日本演奏連盟会員、(社団) 全日本ピアノ指導者協会(PTNA)正会員。

HYPERLINK "http://www.mariterada.com" www.mariterada.com



Shu Shioda
Violinist

Mainly Monday/Friday (Randam)

アメリカ生まれのアメリカ育ち。英語/日本語でレッスンお受けします。すばらしい演奏家であると共に、生徒さんの心を掴む自然体での技ありなレッスンが好評です。演奏活動が忙しく、レッスン日が限られますが受ける価値多いにありです。お試しください。

 

 

 

1983年、アメリカ合衆国ボストン生まれ。4歳よりヴァイオリンを始める。8歳よりニューヨークに渡りジュリアード音楽院プレカレッジに在学。
2004年ニューイングランド音楽院を卒業。修士号取得。

2006年より小澤征爾音楽塾オーケストラプロジェクト、オペラプロジェクト、サイトウキネン・フェスティバルに出演。各公演てコンサートマスターを務める。
兵庫県立文化センター管弦楽団ゲストコンサートマスター、京都交響楽団2nd violinゲスト主席奏者としても活動を広めている。
潮田 益子、田中 直子、シャーリー・ギブンスの各氏に師事。

2014年1月より東京都交響楽団メンバー

Shu started the violin at the age of four, and began attending the New England Conservatory prep division orchestra until the age of eight. He then moved to New York and attended Laguardia High School for Performing Arts, while studying at the Juilliard School of Music pre-college program where he entered at age of nine. He was a student of Masuko Ushioda at the New England Conservatory and graduated in 2004. He has attended Aspen Music Festival, Orford Arts Centre in Canada and other numerous summer festival.

He has been playing under Seiji Ozawa's conducting at the Saito Kinen Music Festival, Seiji Ozawa Ongakujyuku Tour and Tokyo no Opera no Mori every year. He worked with Seiji Ozawa, Mstislav Rostropovich, Robert Mann, and performed with soloists Maxim Vengerov, and singer Barbara Bonney.



Keiko Suzuki
Violinist

Thursday/Saturday

 

木曜日/土曜日

 

実力派バイオリニストの彼女、講師としても教える事にとても真摯に、それぞれの生徒の個性に合わせた指導内容、アプローチの仕方でとても良い緊張感のレッスンをされます。

 

Profile

桐朋学園女子高等学校音楽科を経て、 同学園大学音楽学部を卒業後、イタリア国立サンタ・ チェチーリア音楽院を修了、ディプロマを取得。
これまでにヴァイオリンを、吉川朝子、小林健次、Felix Ayoの各氏に師事。
第53回全日本学生音楽コンクール東京大会、奨励賞受賞。 第13回日本クラシック音楽コンクール大学の部、最高位。第4回かやぶき音楽堂デュオコンクール第二位。ヴィオラにて、第13回コンセール・ マロニエ21、第三位。
2002年より、サイトウキネン青少年のための室内楽講習会、 小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクト、 サイトウキネンフェスティバル松本での青少年のための演奏会やオ ペラ等に参加。
2012年、サントリーホール室内楽アカデミー第一期生として、 サントリーチェンバーミュージックガーデンにて、マリオ・ ブルネロ(Vc)、竹澤恭子(Vn)、ラデク・バボラーク( Hr)の各氏と共演。
2015年、福島テレビ主催「FTVジュニアオーケストラ NEW YEAR CONCERT」にソリストとして出演。
また、2010年よりアルゼンチンタンゴの演奏も始め、 ブエノスアイレスにてタンゴヴァイオリンをAriel Espandrio氏に師事する。
現在クラシック、タンゴに留まらず、その伸びやかで聴衆を惹き付ける音色と多様な音楽性は、 ジャンルを超え各方面から定評を得ている。
2016年6月、ファーストミニアルバム『OBSIDIAN』をリリース。
【Official Website】http://keikosuzuki.net




Eriko Kaminaga
Violinist

Monday/Tuesday

月曜日/火曜日

アメリカ留学から帰国し、演奏/講師活動共に精力的に行っています。心から音楽を愛し、楽しんで演奏している彼女のレッスンを受けると元気が出ます。ビオラも教えます。一緒にすてきな音楽を作りましょう!

Profile

東京音楽大学卒業、同大学研究科修了および音楽科学校教諭一種免許状取得 コロンバス州立大学音楽学部アーティストディプロマに在学中アシスタントを務めた後、カーネギーメロン大学音楽学部演奏科修了 アジアユースオーケストラ、PMF音楽祭など世界各国の音楽祭に参加。

日本及びアメリカ各地のプロオーケストラのエキストラ奏者を務める。 昭和音楽大学合奏研究員および茨城県立水戸第三高校音楽科非常勤講師を経て現在演奏活動傍ら後進の指導にあたっている。

生徒さんが一生の友達として音楽とお付き合いできることを目標に、音楽の楽しさをお伝えできればと思っています。

Born in Tokyo, Japan, Eriko began her violin studies at the age of five at the Suzuki school. She received her B.A. and Performance Diploma from the Tokyo College of Music where she also received her music teaching license. In the US, she was a teaching assistant at Columbus State University before receiving a Performance Diploma from Carnegie Mellon University.

Eriko began her viola studies at the age of nineteen when she was a college student and has since appeared in numerous performances as a chamber and orchestra musician in Japan, Europe, and throughout the United States.She has worked at the Showa College of Music as an assistant and instractor to the youth orchestra. She was also an instructor at the Mito Third Music High School for violin and viola before studying in the US. Eriko is excited to share a wonderful time with the student here at INTERNATIONAL MUSIC HOUSE.



Maki Ueda
Violinist

Wednesday (Friday)

 

水曜日(金曜日)

長年コミュニケーションを大切に様々な年齢の方を教えていらっしゃる先生です。小さなお子様に対する観察力、人当たりが抜群です。
ぜひ実際のレッスンを受けてみてください。

Profile

小さいお子様から大人の方まで個性に合わせ丁寧に指導いたします。2重奏やピアノ伴奏など取り入れ楽しいレッスンです。
指導歴30年。

東京音楽大学器楽科ヴァイオリン専攻卒業。
3歳よりピアノ。5歳よりヴァイオリンを伊達良、鷲見康朗、井上將興の各氏に師事。
弦楽アンサンブル藝弦の活動後、現在は室内楽、オーケストラ、教育の各分野で活動中

特に小さいお子さんからは好評を頂いており、長年続けて頂いている方が多く、幅広い年代の方の指導経験があります。演奏は特に弦楽合奏を得意としています。



Hiroko Shimomura
Violinist

Friday AM-Early PM

金曜日 午前中から1時くらいまで

金曜日の午前中からお昼過ぎまでの間で、大人の生徒さんと、幼児の方のレッスンをお受けして居ます。お子さんが学校に行っている間の午前中に大人の習い事を始めてみませんか。また2歳、3歳の小さな生徒さんもお引き受けできます。

Profile

6歳よりヴァイオリンを始める。東京音楽大学付属高校を経て、東京音楽大学器楽科ヴァイオリン専攻を卒業。在学中、久保陽子師に師事。卒業後、ニューヨーク州イーストマン音楽院に特別生として留学。ソロをOleh Krysa, オーケストラスタディをIlya Kalerに学ぶ。在学中より、Asian Youth orchestra (Hong Kong), International Musical Arts(Canada), Pacific Music Festival(Sapporo)などの各音楽祭に参加。2005年よりシンガポール交響楽団に入団、2006年アメリカ、ヨーロッパツアーに参加し3年在籍。2007年結婚を機に退職、帰国し、現在2児の子育てをしながら演奏、ヴァイオリン講師を続けている。

She started violin at the age of 6. She graduated from Tokyo College of Music High School, and Tokyo College of Music and studied under Yoko Kubo. After graduating college she moved to US and studied at Eastman conservatory of music in NY state. She studied under Oleh Krysa for solo performance and Ilya Kaler for orchestra study. She was participating Asian Youth orchestra (Hong Kong), International Music Arts (Canad) and Pacific Music Festival (Sapporo, Japan) during her college years. She joined Singapore Symphony in 2005 and toured with them to US and Europe for 3 years. After coming back in Japan in 2007 she has been performing and teaching students. She is mother of 2 children.



Kyonga Im
Cellist

Monday /(Wednesday)

月曜日(水曜日)

ある程度年齢がいってからと思われがちなチェロですが、4歳くらいからお受け出来ます。分数のチェロもお貸し出来ます。興味のある方はぜひご連絡ください。日本語/英語/韓国語でレッスンお受け出来ます。

Profile

仙台市出身。東京音楽大学器楽科を経て、同大学院研究科を2006 年に修了。在学中、学内オーディション合格者による室内楽コンサートに出演。これまでにチェロを山本純、勝田聰一、苅田雅治、ドミトリ・フェイギン(Dmitry feygin)の各氏に師事。現在、ソロ・室内楽・オーケストラでの演奏や現代音楽作品の演奏、そして日韓のアーティストとの共演やアートプロジェクト企画に関わるなど幅広く活躍中。

She graduated from Tokyo college of music - masters program. She studied under Jun Yamamoto, Soichi katsuta, Masaharu Kanda and Dmitry Feygin. She has been performing as a soloist, a member of Chamber groups and orchestras actively while she is dedicating herself for teaching young generations. Lesson in Japanese, English and Korean is available.



Alexander Fisher
Guitarist

Monday

月曜日

日本語/英語でレッスンをお受けします。優しい先生ですが、でも音楽には激しさももっています...アコースック、エレキ、クラッシックギターのレッスンをお受けしています。大人の方も多いに歓迎です。曜日時間ご相談ください。

Profile

ペンシルベニア出身のAlexはアメリカ人/日本人のハーフです。Los Angelsで”Musicians Institute”という学校を卒業しました。 人生の大半をアメリカで過ごしましたが、日本/日本文化の理解もあり、日本語で生徒さん/保護者の方にお話したり、説明することもできます。レッスンの過程で個々の目標に沿って必要なものを揃え、それぞれの生徒さんが成長していけるように全力で応援します。 単にギターリストというだけでなく、音楽家として必要なハーモニー、セオリー、即興、読譜、リズム感を(特に歌を歌うことも考えている生徒には)も大事にしていきます。音楽/演奏に関する良い習慣を身に着けることが良い音楽家への早道であると信じており、それをレッスンを通して自分が教えていければと願っています。

From Pennsylvania, Alex is a half American / Japanese Guitarist. He graduated from Musicians Institute in Los Angels. He grew up in US for most of his life but he also has the Japanese cultural understanding and he can help students / parents with it as well. Working towards a student's personal goals and equipping them with the necessary musical tools that they will need to survive along the way. Harmony, theory, improvisation, reading, and even rhythmic independence for those who also like to sing. He believes becoming a good musician starts with developing good habits. Good habits are obtained through good teaching.



Hiroshi Kishimine
Guitarist

Saturday

土曜日

日本語/英語でレッスンを行えます。クラッシックを特に得意としますが、ロック、ジャズ、ポップスあらゆるジャンルのレッスンをお受け出来ます。ウクレレも教えています。出張レッスンも行っています。

 

Profile

13歳でエレキ/アコースティックギターを始める。21歳でアメリカはノースキャロライナ州に移り、入学したCampbell Universityでクラシックギターを専攻し、2000年に学士過程を終了する。その後アメリカに滞在を続け、2004年に修士号(East Carolina University, North Carolina), そして2007年に博士号(Shenandoah University, Virginia)を取得する(両号ともにクラシックギター演奏)。この間大学、楽器店、個人レッスン等、長年に渡りギター講師としても活動し、スタイル、レベル、年齢などに関わらず様々な生徒を教える。各大学での多数コンサートは勿論、リセプション、レストラン、バー等、生演奏の経験も豊富。2008年の帰国後は、様々な仕事をしながら、回数は多くないながらも阿佐ヶ谷を中心に演奏活動を続ける。

Hiroshi started playing electric and acoustic guitar when he was 13. He moved to North Carolina, USA, when he was 21 to begin his music and classical guitar study. He had his master's program at East Carolina University as his teacher Dr. Elliot Frank's graduate assistant, and his doctoral program at Shenandoah University in VA as a graduate assistant to Dr. Glenn Caluda, awarded his DMA in 2007. He moved back to Japan in 2008, and has maintained teaching and performing since. Hiroshi has over 15 years of teaching experience, and has taught a wide variety of students at various settings including private lessons, music stores and universities. While he specializes in classical guitar, he also can teach other styles i.e. general, pop and rock guitar, electric and / or acoustic.



Keiko Takagi
Clariet

By Appointment

予約随時

多方面で活躍中の演奏家であり講師です。子供の為のイベント時には野菜を演奏してくれたり、ハンドベルの名手でもあります。大人はもちろん小学生でも音を出せますよ。興味のある方ぜひご連絡ください。

Profile

国立音楽大学器楽科クラリネット専攻卒業。桐朋学園大学研究科修了。クラリネットを浜中浩一、二宮和子の各氏に、ジャズ理論を大森明氏に師事。
クラシックのオーケストラや室内楽をはじめ、テレビやラジオCMなどのスタジオワークを多数行っています。

ウィーンの民族音楽であるシュランメル音楽やポピュラーソングなど、ジャンルやスタイルを超えた演奏活動も行っています。
音楽のさまざまな楽しみ方を伝えてくれる素敵な方です。

Graduated from Kunitachi College of Music, and finished her Master Degree at Toho Gakuen School of Music. She had Koichi Hamanaka and Kazuko Ninomiya for Clarinet and had Akira Omori for Jazz Theory as instructors.
She has been performing with Orchestras and Chamber Music Groups and also providing studio works for commercials on TV and Radio quite often.
She also makes efforts to enjoy music out of her league such as Schrammel,Popular music etc. She knows how to enjoy and to introduce the wonderful world of music. Her performance at kinder House is always full filled with fun and entertaining.



Jun Kubo
Flutist

Saturday(Monday)

土曜日(月曜日)

ニューヨークで長く活躍し最近東京に戻ってきました。現地ではかなり名の通ったフルート奏者です。6歳から60歳まで教えます〜正しく習えば6歳から本当に音がでますよ!ぜひ体験レッスンからお試しください。

Profile

東京都出身。11歳よりニューヨーク在住。3歳からピアノを始め、桐朋学園子供のための音楽教室にて学びジュリアード音楽院プレ・カレッジに入学。ジュリアード音楽院学士号、シンシナティ大学音楽院にて修士号・アーティストディプロマを取得し2004年にはニューヨーク大学より音楽教育学部修士ディプロマを取得。ジュリアス・ベーカー、 アラン・マリオン、レイモンド・ギオー、アンドラーシュ・アドリアン、工藤重典、ロバート・ディックなどアメリカ・ヨーロッパの巨匠達に師事。国内外のコンクールに数多く入賞し、カーネギーホール、サントリーホール、チャイコフスキーホールなど世界中で演奏活動し、現在は現代音楽からジャズとジャンルを問わない活動をしている。

メンバーとしてレコーディング参加したアルバム「Naima」(Pan Asian Chamber Jazz Ensemble) がアメリカの各ジャズ評論から好評を得ている。2008年よりNew York Conservatory of Music & Art の講師として若いフルーティスト達の指導にも力を入れ、ニューヨーク日本クラブでは一般人に向けてのクラシック講座を持ち体感型音楽史を教える。 近年では年2回目黒のブルース・アレイ・ジャパンにてオリジナル・バンドのライブを行い、2011年3月には銀座ヤマハホールにて2004年よりシリーズ化している、クラシックのジャズアレンジメントのリサイタルを行う。2012年夏より日本に帰国。作曲、編曲も自身で手掛け、東日本震災チャリティーイベント等も主催。

「私はニューヨークで6歳から60歳までの方を教えて居ました。フルートは最初の取り掛かりこそ難しいですが、一度正しい姿勢や毎日の規則正しい基礎練習などが身につけば、吹くことができるようになります。そして楽しいですよ。

音楽大学入学のため、または大学でよい成績を収めるために多くの若者達を指導しもしましたが、私の思う私の一番の功績は、生徒達全員が音楽を心から楽しみ、観衆の前でも物怖じせずに自分自身を表現できるようになったことです。「さあ一緒に楽しく音楽を習いましょう。」

Jun is from Tokyo but had lived in NY for most of her life since 11years old. She started piano at the age of 3, studied at Toho Music School for Children, Juliard Pre-College , graduated from Juliard College of Music, received Master's degree from University of Cincinnati-Conservatory of Music. Also received Master's degree in music education from New York University. She sutied under great musicians such as: Julius Baker, Alain Marion, Raymond Guiot, Andoras Adorian, Shigenori Kudo, Robert Dick. She had many prises for competitions and id noe performing various genre of music at Carnegie Hall, Santory Hall, Tchaikovsky Hall etc. whorld wide.

I've taught children from 6 years old to adults up to 60 years old in New York. Flute is a little hard to grasp at first, but if you know the fundamental of good posture and well organized daily exercises, you will be able to play and enjoy playing music! I have helped young children to teens, who wished to enter Conservatories and Universities, get excellent scores, but my biggest accomplishment is that they all enjoy playing and not scared of performing in front of people. So let's have a great time learning together!



Keiko Oyama
Eurhythmics Specialist

予約制

国立音大付属高校/中学のリトミック講師。立ち上げメンバーの一人。持ち前のユニークなパーソナリティと様々な技を駆使したレッスンで子供たちの心をがっちりつかみます。リトミック/グループピアノレッスンあり。


Dalcroze Eurhythmics Specialist - Keiko Oyama
Studied Dalcroze Eurhythmics at Kunitachi College of Music (Japan ) , Longy School of Music (Boston, USA)
Member of Japan Jack-Dalcroze Association

Profile

Dalcroze-Eurhythmicsのクラスは、楽器をまだ演奏できない幼い生徒たちに音楽というものの基礎を紹介し、後日楽器のレッスンへの移行をスムースにするのに最適です。Keikoは今まで、さまざまな学校や地域のプロジェクトでEurhythmicsをあらゆる年齢層の人々に(一歳~大人まで)教えてきました。どの現場においても、そこに居る人皆が安心して心を開き、音楽に集中し、楽しめるように心掛けています。

リトミックを通じて音楽はもちろん、人や空間に対する完成もたかめていけたらと願ってやみません。

A Dalcroze-Eurhythmics class is a great introduction for young children to the fundamentals of music and enables a seamless transition to instrumental study. Keiko has been teaching Eurhythmics classes for all ages-- from 1yr old to adults at various schools and also for local projects. Dalcroze believed that developing an individual’s “kinesthetic sense”—a sensory experience derived from muscles in movement—enhanced one’s expressive musicianship. Keiko offers the envionment that students can relax and enjoy the music entirely. She hopes that her taching Eurhythmics will lead students understand the surrounding world and people through music.